もりいくすおのヤングレポート

おかねちょうだい2

中小企業庁による、一時支援金の申請をしたが、電話でアドバイスをしてくださった税理士の先生が教えてくれるスピードについていけず
「すいません、いまのもう一回お願いします」の度が過ぎて、先生が絶句する一幕も。
なかなかハラハラした。笑
しかし、おかげで不備がなく、内容が間違ってなければ申請は通るはず。

ちょうだい!お金!

●教える、教わるというコミュニケーションは、人間同士のやり取りの中でも、相性も大きく関わる高度なことだなあと、あらためて思った。
小学生の時を思い出しちゃった。
コロナ禍いろんな体験をさせられるなあ。

あ〜もぉ、仕事が オクレチョルバッテン伯爵!


カテゴリー: やんれぽ タグ:
  1. avatar
    まほまほ
    2021 年 4 月 30 日 09:00 | #1

    わたしの場合、一時支援金の事前確認機関が地元信用金庫なので電話に問い合わせたところ、一時支援金制度を全く知らずこちらが説明しました。心配になったので信金はあきらめました。
    そうでなくても昨年の持続化給付金の不正受給で逮捕者まで出たので、田舎の事前確認機関はあまりかかわりたくない様子です。
    やっぱり税理士や行政書士など個人の方にお願いするのがよさそうです。
    誰にでも説明できるよう、YouTubeで連休明けまでに申請方法を確認する日々です(笑)

  2. 2021 年 4 月 30 日 10:06 | #2

    まほまほさん
    信金が関わりたくない。なるほどねえ・・・
    申し込みしてる人も多くないようですから、5月いっぱいの締切ですし、どうかマイペースにて!
    いやしかし、いろんな補助金があるもので、こっちから調べないとよくわかんないのがシャクですね。

  3. avatar
    ゆらおに
    2021 年 4 月 30 日 19:29 | #3

    いや、しかし、中小企業庁のやってることが信金に浸透していないとは、とんでもない話です。施策の目的からして、信金は積極的に推進すべき立場でしょうに…

  4. 2021 年 4 月 30 日 22:08 | #4

    おにさん
    不正受給者の問題があるから、あの手この手で関わりたくなくて、まさか、知っててとぼけてたりして。