アーカイブ

2020 年 のアーカイブ

おまえもか

2020 年 7 月 12 日 コメント 2 件

ユカさんが、今月いっぱいで店をたたむ溜池山王・聘珍樓にこないだ出かけた際に買ってきた「おかゆ」を、ユカデザインのスタッフのじのじとユカさんが調理(なんだかえらく手間がかかる)して振る舞ってくれて、すごい再現性のが完成して、皆で舌つづみ。
しかし…聘珍樓、おまえもか、と。
(加筆:「おまえもか」と言ったものの、聘珍樓さんの閉店はコロナ禍以前の問題だったことを、ゆらおにさんのリークにて知りました。多謝)

食べてる間、日本じゃなかった

●話ゃ変わりますけど…
おとぼけキャラの蛭子能収(72)さんが、とぼけてるんじゃなく、がっつり認知症だったことが、医療バラエティ番組で判明。
番組内では、医者から起き抜けや寝しなの仕事は避けるように言われ「昼間の、活動性を上げるような仕事(散歩)」を勧められている<症状の軽減に効果的とか。
昼夜という概念と、生活リズムの重要性を聞くと、あたしゃいま、ガタガタだなあ。
朝に起きて、夜に眠りたいよう。

カテゴリー: やんれぽ タグ:

ずーむかぶき

2020 年 7 月 11 日 コメント 2 件

松本幸四郎の音頭で始まったオンライン歌舞伎鑑賞「図夢歌舞伎(ずぅむかぶき)」観てみた。仮名手本忠臣蔵5〜6段目。
カメラやマイクが役者に近く、これまで気付かなかったいろいろが見えてきて楽しい、不思議な臨場感。
なにかと資料集めしたい、くすおには贅沢なリリース。
また、オンタイムにチャットで観ている人たちの感想が見られるのは、音声ガイドの向こうを張れる有益さがある。(つまり、そのぶん芝居には集中できない)
イノシシに掛け声(文字だけど)がかかるのは初めて。笑

イノシシもあーちゃん。

●しかし、ソーシャルディスタンスを気にしてなのか、たえず登場人物に誰も近寄らない。おかるが連れて行かれる時も、おかやの悔みも勘平が死ぬときも、画面に一人ぼっちなのである。
また、ネット配信のコンプライアンスからか、流血シーンに配慮?があり、定九郎の吐血は顔のアップで、滴った血は太腿に落ちず、勘平のハラキリも顔は白いまま。
で、50分のダイジェストなので千崎弥五郎と原郷右衛門は、不破数右衛門に集約。源六その他大勢はカット…
なんていうか、この「実験」に付き合える(&幸四郎を応援する)粋人でなければ、支払いが惜しくなることも?
生配信をうたってる割には、市川猿弥の口上人形以外は全部録画なので、今日のようにトークが無いと、ライブ感がさらに削られる。ただ、準備や構成、編集にはすごく手間がかかっている。(税込み3,700円)

カテゴリー: やんれぽ タグ:

ぽーず

2020 年 7 月 10 日 コメント

「おもしろいこと(良いこと)って、めんどくさいもんです」
と、宮崎駿監督も三谷幸喜先生も異口同音におっしゃってたけど、「ひとてま」って大切で、さらに言うと、そのひとてまにカンタンにアクセスするための用意が常に身近にあるのが良いですな。
こないだ手に入れたスマホホルダーのお陰で、絵のためのポージングが気楽!

Sセガールにやられた男役。

●ていうか、最近やっと確信したけど、うまい絵かきやイラストレーターさんはモデル使ってるよな、やっぱ。

…と、仕事の話をしてる風にマジメぶってますが、M様、K様、納品が遅れて申しわけありません〜!
大事な時節柄ですのにこのていたらく。

カテゴリー: やんれぽ タグ:

がんばらない

2020 年 7 月 9 日 コメント 2 件

わたしにとって大好きなスター・大友と言えば、大友克洋でも大友康平でもなく、大友柳太朗先生なのであります。
東映時代劇のスターにして「笑っていいとも!」のレギュラーも半年やった、かわりだね。
ものすごく一生懸命で、それでも不器用で、なのに魅力がタップリ。
残念ながら昭和末期に自死されてしまうが、生前の彼を偲ぶ大勢のインタビューをまとめた本の中で、先生と「快傑黒頭巾」で共演した松島トモ子が良いことをおっしゃっていた。

「大友柳太朗快伝」

●たとえばアラカンという人は、自分が老いたことを面白がって笑っちゃうようなところがあったけど、大友柳太朗は常に演技の出来に気を使い、自己嫌悪にさいなまれていた真面目な人物だったという。
「ダメな自分を面白がる」ということの大切さを、アラカンと松島トモ子の談話から学ぶ。

カテゴリー: やんれぽ タグ:

せつやく

2020 年 7 月 8 日 コメント

こう考えるんですよねえ。。
やすいウイスキーを飲んでれば、コロナ不況を乗り越える経済的な手立てのひとつにはなるけれど、安酒にあたって翌日に酒が残るようでは時給換算した時に、よほどソッチのほうが損だと。

志村けんさん、行きつけのバーは 今日も三密。

●そういうわけで久しぶりに、ブラックニッカから角に戻しましたが、や〜、角さんは口当たりもノド越しもよろしゅうございます。
ロック向き。

カテゴリー: やんれぽ タグ:

そんなたなばた

2020 年 7 月 7 日 コメント 2 件

で、結局、壁は元のチョコレート色に戻りました。

下の階に住む、内緒で犬を飼ってるおばあさんとエレベーター内の短い時間に愚痴り合う。
「ニオイもやし、窓も開けられへんし、えっ?8月までやの」
「しんどいですな」
しんどい、は江戸弁ではないが、相手に合わせた。

早く終わらないかな。

●夜、せっかくお誘いいただいたのにアスセスの要領を得ず、zoomで演劇公演をしている友人の芝居を観られず不義理してしまった。
晩飯をいただきながら、CSで放送が始まった「人造人間キカイダー」の、設定の秀逸さと、ダークロボットの(石ノ森先生のデザインと、かけ離れた)造形のヒドさに興奮して、夜はふける。
ちなみにキカイダーの敵の大将、プロフェッサー・ギルは「あゝ忠臣蔵」にも出ているらしいが、どの人か不明。

カテゴリー: やんれぽ タグ:

らりぱっぱ

2020 年 7 月 6 日 コメント

九州地方の大雨被害のお見舞いを申し上げます。

なぁんか、起きたら玄関が、やけにシンナー臭いのでテレビドアホンで外の様子を見ようとしたら、なんにも見えない。
出てみると、あちこち養生してあって、白いペンキが塗られていた。(下地かと)

クリックで大きくなります。

●ビル自体の外壁も、画像と同じポリの養生のせいで窓も開かず、養生ネットで、空がカンカン照りでも室内は薄暗い。
こりゃ、なかなかの閉塞感。
8月までというとこらしいけど、発狂せずにいられるかなぁ。

ビーンのコント思い出した。

(ていうか、ペンキもいいけど、シュミの悪いゴテゴテの扉をシンプルなデザインに変えてほしいざます)

カテゴリー: やんれぽ タグ:

まち

2020 年 7 月 5 日 コメント

朝、ちゃんと起きたのに、二度寝したらリモート会議の5分前だった。
遅刻知らず!リモート会議と体内時計!

スモールワールズの開発企画統括・K先輩と、新橋のタミヤ社の元ストアマネージャーHさんが、在りし日の麻布十番温泉のネタ相談にふらりと寄ってくださった。
「麻布十番の七夕の飾りが、仙台七夕風なのは仙台坂の伊達家のゆかりですかね」と聞かれて、考えもしなかった目からウロコ。
あたし、そこらへんが本籍地なのに。

さて、
都知事は投票した人とは違う人になりましたが、小池先生のお母様は、赤穂塩田の地主のご令嬢だそうです。

カテゴリー: やんれぽ タグ:

せんど

2020 年 7 月 4 日 コメント

先日、解凍したひき肉が、たちまち腐る不思議についてお話いたしましたが、どうやら真相にたどり着きました。
事務所の、壊れた冷蔵庫の中で、すでに腐りかけていたのをサルベージしたので、その後自宅の冷凍庫で眠っている間、すでに半死の状態だったのでございます。
止まっていた腐りかけが、解凍とともに駆け足でリスタートするのでございますな。

お教え願いまする…

●「肉は腐りかけがうまい」
などという話は、おおきなブロック肉を肉屋さんが管理して、初めて成り立つものだそうで、売ってる肉はすでに寝かせてあるから、一般のご家庭で腐りかけた肉は、ただの腐りかけ。笑
今夜は麻婆豆腐にしていただきましたが、柿ピーと腐りかけの肉を食べながら生きるという、なかなかのオンボロ具合に酔いしれる、夏の土曜日でございます。

カテゴリー: やんれぽ タグ:

じたん

2020 年 7 月 3 日 コメント

籠手の紐部分を改造するのに、パーツを買いにユザワヤへ。
浅草橋まで出る覚悟だったのが、銀座コアにあると知って大喜び。
動画を始めるにあたってジンバルも要るかと思って、浅草橋に行くなら秋葉原まで出る覚悟だったが、有楽町駅前のビッグで事が済み、大喜び。

だから都心大好きくすお君。

●それもね、結局、さしあたっては三脚でいいや!てことでスマホホルダーだけ買いま…いやこれが、ポイントでまかなえたんで、無料〜!大きに喜びました。

ところで、バスで新橋まで行って、銀座行き帰りは徒歩なんですが、新橋駅前の「世にも不思議なお墓の物語」ビルが跡形もなく、瓦礫になっておりました。

カテゴリー: やんれぽ タグ: