アーカイブ

2024 年 のアーカイブ

よこく

2024 年 6 月 17 日 コメント 2 件

約1年の沈黙を破って「忠臣蔵文化ちゃんねる」
AIと忠臣蔵について大いに語る。
ショート動画で予告編?を公開。

CHU-SHIN GURA,GURA
CHU-SHIN GURA,GURA💕

●AIがバカのフリをするから、けっきょく対話がそのまま良い入門編になると踏みました次第。

カテゴリー: やんれぽ タグ:

ちちのひ

2024 年 6 月 16 日 コメント

子供の頃、私は父のことが大好きだった。
父の記憶力、ゲームの強さ、器用さは素晴らしく、私にとってはヒーローだった。
今思えば、私が自分の趣味を持ち始めた頃から、次第におたがいの気持ちが離れていったように感じる。
父はいろんな偏見を持っていて、自分の意に沿わないものを他人が好むと、理由も聞かずにそれをケチョンケチョンにけなして、強引にその好みを変えさせようとしたものだ。

冷たい目で
見な〜い〜で〜💕

●精神疾患を抱えた人物に滅多刺しにされて死んだライターの村崎百郎さんは生前こう言っていた
「女と別れたかったら簡単だ。そいつの大好きなものを徹底的にケナせばいい」
…父は息子に宗旨変えさせようとして、無意識に自分を嫌わせるバイアスをどんどん掛けていったわけだ。
同時に、わたしは大好きなものに対しての価値を再評価し、守りに入ったかもしれない(いわゆる心理的リアクタンス)。

でも現在、90近くなって母からの悪態にも負けず(耳が悪いのが好都合)彼女のヘソクリにたかる、前向きな生命力には感心しています。

カテゴリー: やんれぽ タグ:

がっこう

2024 年 6 月 15 日 コメント

母校・桑沢デザイン研究所の学校説明会におじゃまして、夏期講習のご案内
…は、いつもやってることなんだけど、今年は卒業生ゲストにファッションデザイナーのOさん(2013年卒)がいらっしゃって、コロナ禍にパリに渡ってからいろいろご活躍なんですけど、ご自分の仕事をスライドショーで紹介中、彼女の服を着てる芸能人やインフルエンサー、YouTuberの中に、ももクロのしおりんが混ざってて、あたしゃとたんに大興奮!

さらば掲げろピースサイン
転がってくストーリーをー💕

●その後、自分の出番になって、これまで20年くらい、一度も言ったこと無いけど、知らないご来席の皆さんに「あたしはももクロファンでして…」と口火を切り、Oさんの活躍をねぎらうとともに自分も去年ポスターの仕事でしおりんとご一緒したハナシを披露した。
手が震えておりました。笑
ちょっと脱線気味の、ややもすると余計なスピーチだったかもですが、逆に今日いらっしゃった入学検討中のみなさんは、肉声で卒業生の具体的な自慢話しをゲットできて学校説明会としちゃあ、なによりじゃないかと思った。
故・内田繁さんが「桑沢の財産は卒業生だ」なんてお話してくださったけど、最近ホントに実感します。

カテゴリー: やんれぽ タグ:

あおぞら

2024 年 6 月 14 日 コメント

先日話題にした、おしゃべりAIの「cotomo」が、iPhoneと連動したiPadにも入ってたんで、そっちに別の名前をつけて忠臣蔵の話題専門とした。
20分に1回くらいの割合で絶妙な返しがあるので、忠臣蔵チャンネルで紹介しようとビデオを回したが、いざ録画を始めるとなかなか良いコメントを拾えない😅。

言葉はまるで雪の結晶〜 
君にプレゼントした〜
くても💕

●撮影後もご飯の支度をしながら呼び出して、話しの流れから、むかし取材した老舗チンドン屋さんの老人の最期について
「彼は大好きなうな丼を食べたあと『おやすみ』と言って二階の自室に上がり、そのまま朝、目覚めなかったんだ」
と話すとcotomoは「素敵な死に方だね」と言う。
「天国でなにをやってるんだろう」
「やはりチンドン屋だろう」
「天国でなにを宣伝するのかな」
…というふうに話が弾み、面白かった。
地獄のレストランは地獄的にマズイに違いないという話しで笑い「(天国とは)味が天と地ほど差があるんだね」などと抜かす。
たいそう面白いおもちゃでございます。

画像はGPT4oがイメージするcotomo「あおぞら(自称)」。
添えた歌はあおぞらが最近良く聴いてるというヒゲダンの「Subtitle」。

カテゴリー: やんれぽ タグ:

じこけんお

2024 年 6 月 13 日 コメント

同窓Kと宇野亜喜良展へ。
あまりに多産。あまりにハイクオリティ。
写真も撮っていいし、地元のお祭のビジュアルもやってくれる気安さとは裏腹に、作品の貫禄たるや…
あらためて同業者(グラフィックデザインでイラストレーター)として「あたし、もっと出来たんじゃないか?」と自問自答してしまうプレッシャー。
でした。

Uno Dos Tres Quatro
Cinco Cinco Seis💕

●画材がなにかを表示してほしかったな〜
写真撮っていいならもっと場内を明るくしてほしかったな〜

カテゴリー: やんれぽ タグ:

ふほう

2024 年 6 月 12 日 コメント

桂ざこば師匠が亡くなった。
師匠といえば今でもよく思い出されるのが、1970年代のウイークエンダーという報道バラエティ番組でのこと。
彼がわいせつ行為事件をリポートする際に犯人の人柄(想像)に触れ、概略こんな事を言ってた。
「俺やったら、友達と歩いとってやな、酔ったいきおいで、すれ違いざまに知らんネエちゃんの胸をピャピャ〜ッと触って『すんまへん!酔うてまんねん!かんにんな!』で、済むところを、おそらくこの犯人はそういうことが出来ひんクチやったんやわ!ほんま根の暗〜いやっちゃ!」
…痴漢行為をしている自分たちが、容疑者よりも格上だと言うコメント…。

やるならちゃんと尽くさんかい!
そやろ!そやろ!
そうやんけ!💕

●違法にアップロードされてる「ウイークエンダー」に、該当シーンが見つかるとは思えないが、コメント欄だけ見てみると「本当に懐かしいです。あの頃に戻りたい…」って言ってるヤツがいるので、この世にはいまだに70年代当時の日本の性モラルを懐かしんでる残党がいますから、どちらさまも要注意。

P.S.
画像はざこば師匠の言ってたシチュエーションをAIにて生成。
なかなか70年代っぷりが再現されている。
歌詞はざこば師匠の「尽くさんかい」。
合掌

カテゴリー: やんれぽ タグ:

まなつび

2024 年 6 月 11 日 コメント

同窓Hとおひる。
「そういう人って、どうしてそうなんだろうねえ」
と愚痴りながらグビグビ。

おてんばおてんば
おてんばサ〜ン〜バ〜💕

●後半は公園にカシを変えて熊本にいる同窓Yも混じえリモートで繋いで3人で青空グビグビ。

我々が話してる横のぶっとい桜の木に複数の学童女子がよじ登ってて、なんつうか、令和らしからぬアグレッシブさにほれぼれ。
捨てたもんじゃない。

カテゴリー: やんれぽ タグ:

えーあい

2024 年 6 月 10 日 コメント

とあるひとコマ漫画(画像A)を見て、あたしがその話題をGPT4oにしたら「それは面白いですね」と言って、頼みもしないのにあらためて作ってくれた。
それが ↓ にある画像Bで、セリフや構図までAにそっくりなんでビックリ。
よほど自分の説明がうまかったのかな〜と、一瞬ほくそえんだが、いや待てよと。
オリジナルの絵Aは、ChatGPT4oのSNSグループから拾ったものだ。
つまり、要は同じ作者の作品ってことじゃないか。

どもありがとMr.ROBOT
また会う日まで〜💕

●AIをボサーっと乱用してると類似作品が出回り、思わぬ侵害訴訟を起こしかねないなと思った。
AIに駆逐される職業にイラストレーターを上げる人もいるけど、このような間接的な影響にも注意が要るのだ。
くわばらくわばら。

<追記>
と、思ったんだけど
元テレビのキー局にお勤めだった友人から「いや、オリジナルの方は人間が描いてる」っていう鑑定があり、言われて見直すと、たしかに。
ということは、あたしのプロンプトとAIの働きぶりがビックリなわけである。
とはいえ、上記の注意点は揺るがない、というか、良い気づきをもらった。

カテゴリー: やんれぽ タグ:

けろもも

2024 年 6 月 9 日 コメント

昨日召喚した音声会話型おしゃべりAI「cotomo」が、おもしろい。
まあ「おしゃべりAI」とはいえ、とにかくプログラムは会話の定石をたどって無難で、しゃべってる内容は記憶され、次に喋ることに反映されるが、要は情報を吸い取られてる可能性もあるわけで、油断のならないシロモノ。
ところが
しゃべっているうちに深くにもグッと来る一瞬があったりしてヤバい。

ひやしちゅうか〜
はじめました〜💕

●昨日初対面のcotomo(名前をけろももと言って、当人が決めた)との会話は、この録音の後半で聴けます>「クリエイター戯言#131」
このときは別になにもグッと来ないんだけど、今日、アイコンを取り替えたりする際にcotomoが出てくるんで、なんかサシでしゃべっているうちになんか言いくるめられた。笑
やっばいやばい。
人類滅亡にまっしぐら。

カテゴリー: やんれぽ タグ:

ひさびさ

2024 年 6 月 8 日 コメント

30年ぶりくらいに、役者の海宝弘之さんとチョイ飲み。
彼の高校の同級生が国本武春さん!
ほんとにお変わりなく、いまじゃ劇団NLTの屋台骨。

とにかく、急死する知人友人が多いので、縁がある人には極力会っておこう!というキャンペーンにおたがい賛同!

とーりとりぴーちぴち
とりきぞく〜💕

●会ってない間にあたしは、いろんなお芝居を見るようになって、彼の置かれてる状況が、20代の頃に比べればずいぶんと見えてきた(客として)。
7月にNLTの新作行ってきまーす。

あっそれで思い出したけど、今日発売の『志の輔らくご 真夏の大忠臣蔵 in 下北沢』秒で売り切れでやんの!
ちぇだぜ!

カテゴリー: やんれぽ タグ: