もりいくすおのヤングレポート

ありがたやまのほととぎす

2021 年 6 月 25 日

いつのまにか、アマゾンプライムビデオの、忠臣蔵のラインナップがすごく充実しています。昨夜気づいて興奮しちゃった。
でね、
「忠臣蔵」で検索するとね、数年前にあたしの出たテレビ番組も引っかかってくるわけですよ。阪妻さん、千恵蔵先生、長谷川一夫の映画とともに、ですよ。
ここでまず、うっとりシャワーのバルブが開くんですが…

第163回が、ソレです。

●その番組はね、ももクロと、モノノフもりいくすおが15分忠臣蔵について話をしている(あ、鶴瓶師匠も)奇跡の記録なわけですよ。
身のほまれ…冥利に尽きてしまいます。
しごと、がんばります!
いま、取り掛かってるクライアント様、あんた、ラッキーですぜ!くすおは激アツです。

うつりかわり

2021 年 6 月 24 日

大江戸温泉物語が、都との契約が切れて延長は認められず閉館に。
こけら落としのときに取材に行った際、賑やかしで雇われたイエローキャブ(当時)のタレントさん数人の中で、雛形あきこさんの浴衣が左前(死装束)だったことを、あたしが指摘したばかりに着替えることになったが、いま考えると、ほかの取材陣の方たちの前で出過ぎたことをしたなと猛省している。
ひとりだけ死装束のほうが絶対に面白い。

現在のラッキー酒場跡地。

●当時の日刊ゲンダイの連載で、評判のスポットにあちこち出かけたが、台場メディアージュも麻布十番ラッキー酒場も、みんな潰れちゃったなあ。

(附言)
同じ、無くなるでも…香港の「りんご日報」発行停止のほうがよっぽど深刻ですかな。
日本は平和かな。

ごりん

2021 年 6 月 23 日

リリースが危ぶまれた「保存版 東京五輪まちがい探し」本日発売!
おめでとうございます!
東京五輪自体がまちがいなんじゃないかって、くちさがない人は言ってるよね、きっと笑
しっかし、コロナのせいでケチついたよなあ!いろいろ!

表紙は、もりいくすお画。

●コロナさえなければ、ゲップが出るほど外国人観光客が増え、忠臣蔵絵本もたくさん売れたはず。絶対に。
このまちがい探しも、1年も編集部を不安に陥れなかった。
まあ、千万言うてもせんなきことですが、こういうことってあるんだなあという勉強にはなりましたな。

ほんやさん

2021 年 6 月 22 日

本をネットで買わず、地元の本屋さんに頼ろうという気まぐれで、取り寄せ注文をしたのが先週の水曜日ごろ。
たった一冊の漫画の単行本なのに、週をまたいでもなんの連絡もないので、昨日(月曜日)出かけてみたら若い従業員さんが(なにも確認しないで)「まだのようです」と回答。
明けて今日、業を煮やして、ポイントも貯まって翌日届けてくれるネットに鞍替えを決め、本屋にキャンセルしようと電話を入れたら、店長らしき人が出て、すでに先週の金曜日に入荷の「ショートメールを送った」と、申し訳無さそうに言っていた。

…の、本屋さん。

●この不幸は
1)先日、スマホの待受から「なにか」のアプリを誤って削除してしまって、それがデフォで入ってるものだったので、なにが画面から消えたかがよくわからず放置状態だったのだが、それが、ショートメールを受信するアプリだった。

2)月曜シフトのバイトが、当てずっぽうで客に対応する子だった。

という、条件が重なって起こったことだった。
それなりに味わいのある出来事でございました。

かころぐ

2021 年 6 月 21 日

You Tubeで論破しまくって評判のひろゆき氏を昔から知ってる(知人という意味ではなく、見知ってるという意味)と言ったお友達が、息子さん(14)からめっちゃくちゃ尊敬の眼差しで見られるようになったという。
2チャンネルがすごかった時以来のブレイクですな。
あたしも、むかしのヤンレポ引っ張り出して自慢しておこうっと。

註釈…こちらにカキコミをしてくださる、仲よしのひろゆきさんとは別人です。笑

すげーむかし。

●2chで殺人予告がおこなわれることについて
「慣れ。都知事が都内で殺人事件が起きても、いちいち心を痛めないのと同じように心は痛まない」
とか
「裁判が苦にならないタイプ」だそうで賠償金は10年で踏み倒せるともおっしゃってて、当時から鼻息が荒かった。
いろいろ勉強になりました!勇気をありがとう!

ぶけやしき

2021 年 6 月 20 日

港区郷土歴史館「江戸の武家屋敷」展へ。
地元にかつて居た、忠臣蔵にも馴染みのあるおさむらいさんたちの「そのころ」。
ちなみに、あたしの麻布の作業場は、江戸末期、「杉浦伝十郎さん」という人のお家だったようで、だれやねん。
山三さんいわく「旗本かなんかじゃないですかね」。

旧・公衆衛生院。in白金台。

●しかしなんですなー。港区の観光大使は無料で入れてもらえないもんですかなあ。

で、そこらへんにあった貸し自転車に乗って帰ってまいりました。20分弱。
地下鉄より70えんくらい高く付くが、地下鉄の100倍気持ちいい。

はんげつくん

2021 年 6 月 19 日

焼きそば作るのに、ニンジンをうっかり扇切りしそうになって、なんとか短冊切りに持ち直したが、一片だけ半月にんじんが残った。
「これくらい、いいや」と、ほかのニンジンとともに炒めていたが、この子、2回もフライパンから飛び出した。
そんなに、自分のポジショニングが気になるのか。よしわかった。

しあわせ。イエ〜イ!

●わたしはその子を味噌汁の方へ移しました。
そして、おいしくいただきました。
いやぁ、食材も主張というものがあるのですなあ。
(もりいくすおがだんだん壊れてまいりました。)

今日のニュース…8月に、「お笑いマンガ道場」が動画で復活します!

はずれ

2021 年 6 月 18 日

珍しく図書館で本を借りた中に、なんのタメにもならない、一般のおじいさんの本が一冊まざってた。(タイトルで選んでインターネットで予約したので内容がわからないのだ。)
自費出版とはちょっと違うようだが、かぎりなくインディーズに近い内容。
「高木新平」という俳優さんのプロマイドをたくさんご所蔵の、活動写真が好きな(カツキチというらしい)コレクターさんらしく、この人にいろいろ言い寄ってくるマニアへの口汚い苦言が、大量の高木新平の写真とともにまとめられている本。

ワイズ出版さん(’97)。

●図書館から借りているので一銭も損はしていないが、期待を込めてページを開いただけに、エノケンを観に行ったらエノケソだったかのような、令和の御代に昭和なサゲ気分になり、ちょっと時間を返してほしい(<つまり、こういうかんじの短い文句の連続が一冊にまとまっている。笑)。
…と、書いてるうちに、なんだか面白くなってきた。もう一回読んでみようっ。

SNSのお手軽じゃない時代では、広く文句を言おうと思ったら、出版という手段が一番お手軽だったのだなあ。(あとは便所の落書きか、街頭演説でした)

いもんももた

2021 年 6 月 17 日

重たい仕事は、自宅に持って帰れば進む。でおなじみの、もりいくすお。
ヒゲブクロ・モモタ先生が慰問に来てくださってました。

よろしくお願いします。

●クライアントワークなんだから、意地を張ってもしょうがないんだけど、若いときは「いやだ!」って言ってたのが、いまは「なんでいやなのか」をメールで推敲しているうちに、なんとな〜く、いやじゃなくなってくる魔法がかかるようになってまいりました。
あ〜あ、でも、得しないこともあってなぁ〜。
う〜。もうひと踏ん張り描き足して、送ってみっか!
(倍もらってりゃあなあ、完全に言いなりになるんだけどなあっ!)

じゅんとおにぎり

2021 年 6 月 16 日

東映映画「犬神の悪霊(たたり)」っていうのを、中学生の時に父親と名画座で見にいって、思いがけないエロシーン(ぶっちゃけ不要)に度肝を抜かれたものだった。
すなわち…
(1)セクシー女優の泉じゅんと夫役・大和田伸也のシャーワーシーン。
(2)泉じゅんに取り付いた悪霊を落とすお祓いのシーンで、老人たちが赤飯のおにぎりで泉じゅんのおっぱいや股間をグリグリやって襦袢がコメだらけ。
(3)村の半グレ連中に泉じゅんの妹役がレ○プされるシーン。

父とそこそこ気まずく帰ったはずで、ストーリーもおぼえてないが、ただそれらの3シーンだけが頭にこびりついていた。
これが、約40年ぶりにCSでやるって言うんで、いかがわしい気持ち満々でテレビの前へ!

じゅんとおにぎり。

●ところが、である
(2)…全然こすりつけない!それどころかどのおにぎりも遠慮がちに身体から距離がおかれている。=だから米だらけになってない。(3)レ○プされかけはするものの、悪漢たちの手をスルリと抜けて泉じゅんの妹は川に飛び込んで無事、脱出に成功している。(さらに妹役、栗田ひろみだと思ってたらぜんぜん違う人だった)
ええ〜〜〜〜っ!?
なんとなく記憶どおりだったのは(1)のみ(でも、大和田がむしゃぶりついてた記憶は違ってた)だったのだ。
「カットされてるのか!?」と思ったが、何度録画を再生しても、展開からはあり得ない。なんとエロな記憶が40年の間に増幅されていたのだ
(2)は、よく見るとメイン祈祷師がみんなにお手本を見せるときに、おっぱいと股間におにぎりを(俺はなにを書いてるんだ)一瞬だけ、グリっとやっている。←たぶん、この「一瞬」が厨房のもりいくすおには、あまりにセンセーショナルで、刺激された脳の海馬が記憶を大胆に塗り替えたのだ。
…幸福な40年でした。