もりいくすおのヤングレポート

じゅよう

フェイスブックで知人が
「知り合いのお宅が処分するらしく木彫りの象🦣欲しい方いませんか⁉️高さ60㌢ 幅55㌢」
という文言とともに、その画像をアップしていた。
心の中で「いやいやいや。そんなモノ欲しい人、いるわけないじゃん…」と思ったが、コメント欄を見てみたら、記事のアップと同時に挙手してるヒトがいて取引はとっくに成立。
自分の読みの甘さを痛感した。
同時に、いろんな世界、いろんな価値観があることを知った。

ブツは一体だが微妙な
角度の写真2枚。

●いや〜しかし、要らないんじゃないかなあ!
ほしいって言ったヒトの両肩を揺さぶって言いたい
「目を覚ましてください!ほんとに必要ですか?」
「ローテーブルくらいの高さがあるんですよ!」…と。

ま〜自分も、他人が見たら「不要」と思うものに血眼になってるんですけどね!


カテゴリー: やんれぽ タグ:
  1. avatar
    ひろみつ
    2021 年 9 月 15 日 15:27 | #1

    いやいや、777所長なら確実に「欲しい」と手を挙げると思います。
    (以前カミさんの実家にあった木彫りの牛を送った事あり)

  2. avatar
    もりいくすお
    2021 年 9 月 15 日 16:45 | #2

    ひろみつさん
    あははは!所長ならお似合いですけれども、通常はこれ、素人衆、カタギがお求めにあるわけでしょう?そこんところがもうひとつねえ。。。笑