もりいくすおのヤングレポート

きがついたら

気がついたら名古屋にいた。

いたんだ。

●名古屋にわざわざ赴きましたのも、めずらしい忠臣蔵映画の上映があったからであります。
映画館ですから御存知の通りの密閉空間ですが、100人強は入れる劇場に、わたしを含めて10人のお客様でございましたので大安心。
冗談はさておき、50年以上前の、それも色が真っ赤に飛んじゃって傷だらけ。オマケにシーンによっては飛んじゃったり前後が入れ替わってる35mmフィルム上映会にしては上出来の動員数かと。
現代的なシネコンで、まさかの名画座気分満喫でした。


カテゴリー: やんれぽ タグ:
  1. avatar
    ゆらおに
    2020 年 3 月 19 日 06:58 | #1

    お出かけになったのですね。
    さすがミスター。あっぱれ、あっぱれ。
    フィルムの方は、ひどい状態だったようですね。
    コロナ禍でお子様向けが延期になった影響とはいえ、古いのを引っ張り出すにしても、もっと状態のよいのがあったでしょうに…。
    本作が上映にいたった経緯、知りたいですね。

  2. 2020 年 3 月 19 日 07:31 | #2

    おにさん
    情報をありがとうございました!
    見てる人が少ない上に、貴重な資料本の著者さんたちも「たかがしれてる」と思われたのか、だいぶ記述がいいかげんな映画で。笑
    くすやの株がまた上がります(??)。

  3. avatar
    ゆらおに
    2020 年 3 月 19 日 12:03 | #3

    「多寡が知れてる」のは当たってたとしても、谷川先生の御覧になっていないのを見たというのは大したものですよ。(もっとも、この機会に先生も御覧になったかしらね)

  4. 2020 年 3 月 19 日 12:14 | #4

    おにさん
    それ、あたしも思いました。
    ネットの場合はあとから見たやつを更新できるのが、ずるい。
    (*´ω`*)

  5. 2020 年 3 月 19 日 15:22 | #5

    (出版された時点で何本かすでに、先生の御覧になっていないのは見てるんですけどネ(小声)。口幅ったいことでスイマセン。)

  6. avatar
    ゆらおに
    2020 年 3 月 19 日 18:09 | #6

    〉出版された時点で…
    はい、たしかに承知しておりましたm(_ _)m