もりいくすおのヤングレポート

そう

近所の文房具屋さんに万年筆のインクを買い求めに言ったら、ずっとベラベラ喋ってるおばさんがいた。
見かけはレジの人との世間話という感じだが、あんまりハキハキしてるので話す内容が聞こえちゃうのだが、これがまったくの問わず語りで、支払いが終わっても立ち去らず、しまいには歌を歌い始めた。

万年筆だまんねん。

●黙っていれば完全に麻布十番の品のいいおばさん。
あたしのインクを見て「あら、万年筆いいわね。パーカーいいわね」とどんどん話しかけてくるので「ごきげんですね」と返した。
文房具のおやじさんが失笑してたが、このおばさん、酒臭くもないし、コレって、いわゆる躁病というやつでしょうか。
反動?で反対の感情に見舞われた時にたいへんおつらいらしいと聴いたことがあるが、なんともお気の毒である。


カテゴリー: やんれぽ タグ:
  1. コメントはまだありません。