もりいくすおのヤングレポート

しょかのちゅうしんぐら

2020 年 6 月 26 日

明日っからオンラインで「図夢歌舞伎『忠臣蔵』」(ずーむかぶきと読む)てのが、始まるんですがね、第一回は大序から三段目まで。(以降、とびとびに仮名手本ひととおり)
観るか迷ってたら公開日になっちゃった。
ん〜…パソコン画面で観劇っていうのがどぉ〜も、色っぽくなくてねえ。
あと、8年前にねえ、似たようなメンツでおもしろくなかったんですよね。まぁ幸四郎(10th)先生も当時30代ですから、大目に見ないとなんですけど…。
弱っちゃったなぁ〜。マニアならやっぱ、観ておかないとですかねえ!?「おお、さすがに8年前に比べて」って言うところですかねえ。(由良之助演る人が定九郎をやるのかぁ。むこうさんも推して知っておくんなさいというかんじなのかなぁ。)
ぱそこん画面に…五千円近くも(全部見たら2万円くらい)…やぁ〜…全部は無理かなあ!

よしておきましょう!

●さていっぽう、渋谷のユーロスペースで「浪曲映画祭」。こりゃ今日から始まったんですけど、これもねぇゴンゴン忠臣蔵がかかるんですよ。
弁士付きの忠臣蔵と、浪曲と、トーキーの映画と。
どうしたのみんなっ、あっちこっちでこの時期に!

ンまぁ〜渋谷は坂本頼光さんが弁士で三味線伴奏が沢村美舟の時に、もしも忠臣蔵がかかってたら、行ってたかな。(この二人で忠次モノをやります)