もりいくすおのヤングレポート

せんじょう

2020 年 1 月 9 日

事務所の裏のとなりの9階建てのビルが解体工事をやってるのだが、その騒音が発射速度のゆっくりな何丁もの重機関銃のようで(聴いたこと無いけど)、皮肉でもなんでもなく「戦場」を連想させる。
で、このビル、精神科クリニックのビルなのだが、近所の人の精神をおかしくさせていることは間違いない。
で、あたしゃもう、慣れた。笑
このくらい離れていれば「なかなかすごいな」と独り言を言いながら昼寝ができるレベル。

この街は騒音が耐えない。

●さて、夜にスーパーに行ったら知らないお兄さんが「ゴウさんに似てないっ」(意味不明。そう聞こえた。)とあたしを怒鳴りつけてきた。
その後も、すれ違うおじさんに文句を言ったり。
レジで並んでる時に再会したが、列にかごを置いてどっかに行ってしまい、戻ってきて「並んでるんです!」と周囲に怒鳴り散らしたり。
あたしゃ隣の列からしげしげ観ていたが、その顔は険しく常に気を張っていて、ずっとなにかと戦っている。
眠るときはぐったりしているのかな。
因果関係はともかく、もちろん解体中の精神科クリニックを想起した。