もりいくすおのヤングレポート

さいがい

以下、何度か繰り返してるコメントですけど、よい戒めだと思うので今年もまた…
阪神淡路大震災と聴いて思い出すのが、震災以前に関西発の全国放送のテレビ番組で
「東京は地震があってホンマ怖い。こっちなんかまったく地震あらへん!」
と自慢げに胸を張ってた上岡龍太郎や島田紳助のこと。
いまウエストランドがバカにしてる、大阪vs東京ネタである。
その後、あたしが関西出張の折り、ホテルのテレビで見たドキュメンタリーで、地元関西の建築関係の会社が生コンに水を足していいかげんな納品をやってたスッパ抜きも、思い出深い。
芸能人も建築会社さんも「関西には地震が無い」と信じていたのだ。
その後、惨事は起きた。

EXテレビ。

●阪神淡路大震災は間違いなく悲惨で気の毒な自然災害だったが、かなり人災の側面があったと思います。
慢心と、油断。
ただ、神戸はそれまでホントに地震のなかった地域だったそうで(要確認)、それだけに防災訓練の呼びかけにも応じていなかったとか。
犠牲を悼むばかりではなく、あのときの態度を振り返ってもいいかも。
合掌・・


カテゴリー: やんれぽ タグ:
  1. コメントはまだありません。