アーカイブ

2010 年 5 月 のアーカイブ

うせもの出る

2010 年 5 月 31 日 コメント 2 件

お仕事で預かってたクライアントの顧客のはがきの束が一瞬無くなってアワを食ったが、出た。
門外不出のものなんて持ち出すものではござらんな〜。肝を冷やしました。

無くしてたらどうなってたろう…

●前にも言ったかもだが、母がむかし働いてた仕事場で書類が無くなったとき、同僚のオバサンが
「おまじない」で一発で失せものを発見し、母は恩義に感ずるどころかすぐオーナーにその同僚の
オバサンの不穏を訴えた(そりゃそうだ)。
※補足:「不穏」…おまじないなんてあり得ないのでオバサンが書類を隠したと訴えた。
が、その怪しいオバサンはオーナーの身内だったので母のほうが職場を追われた。
世の中、ヘンな奴がほんと多いわい。

カテゴリー: やんれぽ タグ:

縦長屋のまっつーンち

2010 年 5 月 30 日 Comments off

石垣島ラー油でいろいろ食べてみようという会をご近所のまっつーのおうちで開催。
まっつーンちでは旧態依然として高額の有線放送を捨ててインターネットラジオに切り替えた。
正解ですなあ。

いいなあ〜おうちのBGM。

●土日にずいぶん休んだので風呂入ったら帰社して徹夜でーす!いえーい!不摂生!

カテゴリー: やんれぽ タグ:

週末デート

2010 年 5 月 29 日 コメント 2 件

忠臣蔵の先生に日ごろお世話になってるお礼に一席。お礼なのにまたありがたいこともあって恐縮のスパイラル。
みなさま、お友達は大切に!

たのちいの!(≧∇≦)

●土曜日の六本木は人は出てるけど、空席が目立ちます。

カテゴリー: やんれぽ タグ:

海外で紹介される日本のAV

2010 年 5 月 28 日 コメント 1 件

海外のサイトで日本のAVの事を知る。中2の時に死ぬほど妄想した、時間を止めて××という内容のものがリリースされているようなのであります。学校で、会社で、通りすがりに…。
じっ実にけしからん内容ですが〜(#^o^#)、ありそうでなかった的を射た作品であります。

この客は時間を止めたあと…

●ところが海外のサイトなので日本でどういう名前でリリースされてるのかわかんないんです。
いっいや、ちっとも興味ないんですけどね!?

カテゴリー: やんれぽ タグ:

90%オフ!

2010 年 5 月 27 日 コメント 2 件

10年以上前にガテンで取材した車の洗車&コーティングのハイランダーさんからお声がかかって仕事するんですが、ゼネラルさんとコラボでガススタの明日を救う夢のプロジェクトなのでワクワクいたします。ついでに私も救われたい。

たんす屋さんのイベント

●取材のあと、有楽町の着物のバーゲンに行って参りました!紋付きの羽織が500円!大笑い。裄(ゆき)が全ッ然合ってないけど。

カテゴリー: やんれぽ タグ:

新・ルパン三世

2010 年 5 月 26 日 コメント 4 件

70年代に放送された新・ルパン三世(赤ジャケのほう)の忠臣蔵ものの放送がCSであった。
これはコレでいいんだけど、この赤ジャケ時代、2回だけ宮崎駿がメガホンを取った「死の翼アルバトロス」って言うのと最終回を早く観たぁ〜い。

銭形警部の内蔵助。

●あと、いま、MXテレビのヤッターマンの 忠臣蔵ものの放送を張っております。

カテゴリー: やんれぽ タグ:

クーポン券

2010 年 5 月 25 日 Comments off

20日にひょんなことでレジのオバサンにもらったスーパーのクーポン券、よく見たら15日と
16日だけに使用可能な特殊な期間限定でやんの。

なんだかトホホ。

●こういうのはアレかね、クレーム等の咄嗟のゴマカシ対応用にいつもしのばして
おいてるのかね!?

カテゴリー: やんれぽ タグ:

投書

2010 年 5 月 24 日 Comments off

ひさびさにメディアに投書した。勝手に送られてくるドア日新聞の芸能ニュースが某番組のMCのトークをそのまま「記事」として紹介してたのだ。なんつうか、何度も放映された試合のことを、そのライターは知らず誰かからそのことを聞いてスポーツ欄に書いたみたいな?恥ずかしげもなく署名原稿ですぜ。

イラッとするなあ

●ハナシ全然違うけど、木村カエラのRing a Ding Dong Ring a Ding Ding Dong…という歌声が頭から離れないよ〜

カテゴリー: やんれぽ タグ:

武将イラスト

2010 年 5 月 24 日 Comments off

読者さんを武将のタイプに分ける記事のイラスト。

カテゴリー: 劇画調 タグ:

健康イラスト

2010 年 5 月 24 日 Comments off

ちょうど読者の年齢層20〜40歳くらいに警鐘を鳴らす、健康特集。

カテゴリー: 劇画調 タグ: