もりいくすおのヤングレポート

おこのみ

知らない人だけどFacebookでつながってる中年男性が、バブル期のトークバラエティのテレビ番組の中で、トミーズ雅さんが安岡力也さんに軽くボクシンググローブで叩かれて笑いが起こってる切り抜きのVTRをシェアして、「むかしの芸人は体張ってるなあ。それに引き換え今の笑いは全然面白くない」的なことを言っていて、腹が立ってその男性とのつながりを解除した。

異議がございます。

●なにをどう引き比べると、現代の笑いのほうがつまらないになるのか?
VTRにある当時と来たら、とんねるずの起こすハプニングや、たけし軍団へのいじめ。女性タレントを生着替えさせて熱湯に入れたり股間をアップにしたりしてたのが「笑い」である。名プロデューサー井原高忠が「サルをカメラの前において録ってるような笑いづくり」と嘆いていた時代。
たしかに体を張って……いや、まてよ。
ああ、ここまで書いて思ったが、上記のオッサンはそういうレベルの笑いが好きだったのかぁ…(急にカルム・ダウン)
それじゃあ仕方ねえや。


カテゴリー: やんれぽ タグ:
  1. コメントはまだありません。