もりいくすおのヤングレポート

ふじゆう

ご飯の用意をしていたら、突如「ケン!バシャ!」という音がして、シンクの中に不思議な氷の散乱が…
破片をよく見るとどうやらいつも使ってるグラス。
目線よりちょっと高い棚に置いてあったものが、なにを絶望してか、自ら身を投げた。
否。自分では動けないのだから、あたしの面倒見が悪かったのだな。
ごめんなさい。合掌。

こんなに粉々になるかね?

●ハナシゃ違いますけど…
重い障害と共に生きるコラムニストが、車いすに対する駅の素っ頓狂な対応ぶりをブログに上げてザワついている
「来宮駅は階段しか無いから手前の熱海で降りて、あとは勝手に来宮まで行け」概略そのような対応。
小田原駅の対応には呆れるものの、田舎の対応やインフラになにを期待して下準備や確認なしで出かけてしまったのか。
(コラムニストさんなので、問題提起のためにわざと難儀に体当たりしてるのかなとも思いました。)


カテゴリー: やんれぽ タグ:
  1. avatar
    ゆらおに
    2021 年 4 月 5 日 18:57 | #1

    難しい問題ですね。
    バリアフリーとか、障害者の人権とかは勿論大切なんだけど、こういうことが問題になると乗降客の少ない駅は廃駅に、少ない路線は廃止に、という流れになりますね。みんな使えなければ平等なんだから…

  2. 2021 年 4 月 5 日 20:52 | #2

    おにさん
    問題が代わってしまうかもですが、コレ、小田原駅駅員の「話し方」や「態度」さえ彼女の琴線に触れなければ、=誠意が感じられれば、こんな告発記事に発展しなかったんじゃないかと思うんですよねえ。
    このコラムニストさん、10年前にも似たような記事書いてて、体当たりで「ダメ対応」を告発していく姿勢なんですな。