もりいくすおのヤングレポート

なんいど

2022 年 1 月 11 日

「これを描いてください」というオーダーには、難しいものがある。
たとえば、私が「サイコロを知らない世界の人間」だとして、「これの立体図を描いてください」つって、サイコロの1の目の正面写真だけ送ってくるお客さまがいらっしゃるとする。
見えていない面は、私にはわからない。問い合わせると…
「見えないところは凝らなくて良いです。なあに、ほかの面はただ1以外の丸が並んでるだけですよ」
知ってる人が知らない人に物を伝えるというのは難しくて、「1以外の丸は黒」とか「2以降の黒丸の配列には特徴がある」とか「反対の面には足すと6になる数字が来る」とか、情報としてこっちに伝えない。
これは不親切なのではなく、あくまで「知ってる人が知らない人に物を伝える」ことの難しさなのだ。

がんばってます。

●ここに、「こういう人のタッチで」という、個人的にはサイコロの絵に似つかわしいとは思えない、どこかの誰かの作品とかを添えられると、難易度が倍増する。
お客さまのご所望を洞察する能力はだいぶ、長けてきた自信はあるのだが、いまだに、知らないものを描くのは難しい。
もっとしつこく取材すべきだったか??なう。