もりいくすおのヤングレポート

せんす

2020 年 3 月 11 日

トラフィックにおいて、ちょっと咳払いをしただけで、前に座ってたお年寄りが逃げるように席を立つという話を(実体験なのか、ネタなのか知らないが)ときどき耳にする。
「こわがらないで。わたしは花粉症です」というバッチでもありゃあ良いのにねというオチがつくのだが、SNS見てたら、そういうのをほんとに作った人がいた。
大きいサイズの缶バッジで、中央にドカッとキャラクター。下に「わたしは花粉症です」の文字が円弧に沿ってレイアウトされている。

今日は暖かかった。

●ただそれは、座ってる老人が読める字の大きさとは思えない。
真ん中の、マスクした顔の絵が一番目立つが、それだけ見れば、逆になにかの感染者であることをイメージさせるかも。なにせ、絵に花粉の要素はゼロなのである。
こういうの、商売柄か、ほんとにじれったい。
往々にして、行動は早いがツメが甘いのが「作りたがり」のオッサンのノリ
や、「せっかく作ってんだから」「楽しんでやってるんだからいいじゃん」で、いいんです。
ただ惜しいなと。
こういう「せっかくやるなら、こうすればいいのに」というお節介もオッサン(老婆?)のノリ。