もりいくすおのヤングレポート

麻布十番まつりの影

2010 年 8 月 21 日

麻布十番は毎年夏になんの神様も祀らないまつりがあり何万人もの人が押し寄せる。そして若者が大量のゴミを放っていくので、地元ボランティアが毎夜早朝4時ぐらいまでかかってゴミを拾う。イラッとするけど、自分が若い頃もそういう傍若無人だった気はするなあ。いつでも大人が尻ぬぐいなのだなあ。

浴衣が増えたね!(^∇^)

●それよりも大人の行儀悪いのはむかつく!1階の飲み屋は住民に何の断りもなしに共有スペースに大量の荷物を置いて出店をする。恥を知らないのだなあ。

Comments off